イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いすみライフスタイル研究所
+
+
+
+
+
まきべ〜のおでかけ日記
いすみライフマーケット

いすみライフスタイル研究所

メンバー&キャラクター紹介

キャラクター紹介

まきべー 当NPOのキャラクターを「まきべ〜」と言います。
いすみ市内でよく見かける、民家を囲む槙の木でできた美しい塀(生垣)「槙塀」。
地域の財産であるこの「槙塀」をモチーフとして作られたのが、「まきべ〜」です。
まちづくりの基礎とも言える自然と調和した景観のよいまちを保存していきたい、という思いから、当NPOのキャラクターとして採用しました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
『まきべ〜のおでかけ日記』はこちら>>

NPOメンバー紹介

高原
高原和江 【理事長】
日本野菜ソムリエ協会認定 シニア野菜ソムリエ/千葉県唯一県知事より任命されている「ちばの野菜伝道師」
いすみ市(旧夷隅町)生まれ。高校卒業後、東京の大学へ進学。アニメ関連会社に10年勤務後、 野菜ソムリエの資格取得。
現在、食や農関連のイベント・講座企画開発や人材育成、講師等、幅広く活動。 シニア野菜ソムリエの活動を通じ、食や農の問題にふれ、ふるさとの田畑を守りたいとUターン。 月に数回東京へ通うなど都会と田舎のミックスライフを送りながら、それらの経験も活かし ふるさとを大切に「楽しく食べて「ひと」も「まち」も明るく元気に!」と地域活性化に取り組んでいる。
ブログ:ライフ・エッセンス〜毎日が宝探し〜 http://ameblo.jp/k-kazue/
栗林
栗林正明 【副理事長】
クリバヤシ印刷 代表
いすみ市(旧大原町)生まれ。19才〜21才まで東京の印刷ブローカーにて修業。市内で屈指のしゃれたデザインもできる印刷屋さんの4代目となる。1男1女(15才・11才)の父親。小学校PTA副会長を務める。お祭りと音楽が大好きで、矢沢永吉のコピーバンド「フラミンゴ」のベースを担当。大原商店街を数々のイベント開催などで盛り上げている。
橋本
橋本安史 【副理事長】
(有)岬石油・ワイルドキッズオートキャンプ場 専務取締役
一宮町生まれ。岬町の商工会職員時代、現在の舅に見初められ?岬石油へ婿入り。平成7年に結婚し、2女の父親。君塚顧問にとってはご近所で商工会時代から「頼れる兄貴」的存在。岬町周辺の観光についてはアイディアも豊富だが、提案した「いすみ市=西ハワイ市」は却下。
周囲の心配をよそに作ったワイルドキッズオートキャンプは温泉付きで大好評。ワイルドキッズオート:http://www.wildkids.jp/
奥村
奥村雄司 【副理事長】
(有)いたみや 専務取締役
いすみ市(旧夷隅町)生まれ。高校卒業と同時にアイドル目指して東京へ。人には説明できない数々の仕事と経験を経て、いすみ市に戻り、結婚。代々続く商家の家業を継ぐ。外見はインパクトが強いが、まちと仲間を愛する、1男1女の父親。中学校PTA会長を務める。シャッターサービスが本業だが、いすみ鉄道のムーミン人形を制作したり、いすみ産竹ドームを各所に設置するなどして、新しい話題を提供している。
竹ドーム設置場所:ブラウンズフィールド、千町保育所跡地。
今関
今関茂行 【理事】
いまぜき看板 二代目。
いすみ市(旧大原町)生まれ。国道128号線沿いの看板屋。高校卒業後7年間東京で修業し、地元に凱旋。いすみ市発足後、なぜかあちこちで“初代○長”を歴任してしまう。中学校PTA会長を務める。
自称“愛祭家”。祭唄CD、祭唄コンテストの仕掛け人でもある。地域の多くの人が意識を共有できる“祭”を基準にまちづくりを考える。※“愛祭家”は商標登録出願検討中です。
ブログ:ごじゃ満開 http://blog.goo.ne.jp/ajonmo-kajonmo
魚地
魚地展弘 【理事】
(有)魚地建設 代表取締役
いすみ市岬町生まれ。2男の父親。7年間大工の修業をしたあと、早くに亡くなった父親の起こした家業を継ぎ、建築、不動産業を手がける。地元でも厚い信頼があり、いすみ市商工会青年部部長、地元ママさんバレーボールチーム監督、PTA会長、地元消防団部長などを受けて、地域でも先頭に立って活躍している。
ブログ:千葉外房(有)魚地建設 http://nobuchinuochi.jugem.jp/
太田
太田雅彦 【理事】
太田保険事務所 所長
船橋市生まれ 10歳のときに父親の実家であった岬町(現いすみ市)に移住し、以後大多喜高校卒業までを岬町で過ごす。東京の大学へ進学し、バイトに明け暮れ、証券会社に勤務していたが、2002年に保険代理店として独立。2004年にいすみの実家に戻り、現在はいすみ市の為に他のNPO団体や観光協会などにも携わっている。2女の父親であり、保育園・小学校のPTA会長を務める。妻のやっているカイロプラクティック院とは「健康の重要性」について認識を共有し、協力しながら活動を拡散中。
江崎
江崎亮 【isumi-style.com Webマスター】【理事】
(有)イープロ(e-pro)社長/情報建築家
熊本県生まれ。関西の大学を卒業後、東京の新聞社に就職。退職後、国のデザイン振興機関を経て独立し、岬町へ移住、起業。九州から東へ東へと移住し続け、これ以上東に行けなくなってしまった。「仕事にも愛がなくちゃね」を方針とし、web・印刷媒体などメディアの編集、制作、マーケティング、プロデュースを行う。ソーシャル・イノベーションやエコロジーも関心テーマのひとつ。当サイトの“WEBマスター&編集長”を担当。
ホームページ http://www.ezaki.com/
石崎
石崎正之 【監事】
セブンイレブン上総夷隅店 オーナー
いすみ市(旧夷隅町)生まれ。高校卒業後、大学に進学し、代々続くお米を扱う商家(石崎商店)の跡取りとしてUターン。中国研修に一緒に行って仲良くなった年上女房(日本人)と結婚、1男1女の父親。実家の近くに夫婦でコンビニを経営。朝廷の穀倉地帯でおいしいお米の取れる地元国吉を愛して、国吉米や国吉米を使ったお酒の販売にも力を注ぐ。お涙ものの映画鑑賞が趣味。
高木
高木繁昌 【監事】
映像作家・いすみ市定住促進協議会副会長
名古屋市生まれ。東京目黒区から移住。Hawaii Pacific Univ.で映像を学び、東京を中心に広告映像(CM、PV等)のディレクターとして活動、また日本初、著作権フリー素材集シリーズ「バックの鬼」の開発・制作に携わる。2005年、愛知万博「日本自動車工業会パビリオン」の映像演出を機に、映像作家としての活動を本格化。2007年、拠点を千葉県いすみ市に移し、地域(田舎)や風土に密着した個性的な映像作品を創作している。
ブログ ENKURA http://hanjoe.cocolog-nifty.com/
君塚
君塚正芳 【顧問】
いすみ市岬町生まれ。千葉県立長生高校、明治大学経営学部を卒業。大手都市銀行に3年勤務後、26歳でいすみ市に戻り、家業(LPガス・石油等燃料販売及びガス・水道・電気等住宅設備工事)を継承。2014年のいすみ市市議会議員選挙で当選。1男3女の父親であり、妻と両親・両祖父母の10人家族(4世代同居)。 いすみ市合併前の岬町商工会青年部長や地元消防団の部長をはじめ、いすみ市(及び夷隅郡市)青少年連絡協議会長、小・中学校PTA会長及び夷隅郡市PTA連絡協議会長などを歴任。 いすみ市商工会岬地区代表理事として地域経済の発展や、「みんなで取組む千葉教育会議」東上総地区代表委員として家庭・学校・地域社会の連携にも尽力。
岡田
岡田美保 【スタッフ】
福岡県出身。フランスのオーガニック農家で研修後、2011年にいすみ市へ移住。現在は循環型農家を目指し、パートナーと共に米や野菜を半自給し、自然の恵みを最大限活かすシンプルな暮らしを楽しんでします。
自分らしく生きる人達が集まるいすみが大好きです。地域の繋がりを大切にし、人と人のつながりの中で、新しい波が生まれる元気な地域を目指しています。
興味:草木染め、自然療法、郷土料理。
ブログ いすみ農天気日記 http://ameblo.jp/toifarm/
鶴渕
鶴渕(旧姓:金澤)修子 【スタッフ】
『埼玉県出身。大学を卒業後、リゾートホテルに5年間勤務。大学の頃からの夢だった約1年間の世界一周旅行に旅立つ。バックパッカ―生活で28カ国を訪れ、途中タイにてタイ古式マッサージの資格を取得。世界の様々な文化や人を肌で感じ、帰国後は自然の中で地球にも自分にも優しい大地に根を張った暮らしがしたいと感じ、2012年4月夫の地元いすみ市に移住。2013年11月夫婦で新規就農。循環農による米づくりに精を出しながら、自然と調和する暮らしを少しずつ実践中。』
田中
田中(旧姓:重野)藍子 【スタッフ】
埼玉県生まれ、東京育ち。サーフィンがきっかけで2008年よりいすみ市に移住、動物好きなこともあり酪農従業員として働き始める。約5年間の酪農生活を経て一度はいすみ市を離れたものの、その環境の良さ、住む人々の人の好さが忘れられず舞い戻る。サーフィン・合気道・ヨガ・野菜栽培など、余暇はいすみならではの生活を満喫しながら、ヨーロッパ型循環酪農の可能性を模索中。
鶴渕
鶴渕真一 【スタッフ】
いすみ市生まれ。高校卒業後、進学のため横浜へ。大学卒業後、住宅メーカーに勤務。退職後、ピースボートにて世界一周の船旅をし、様々な土地や多様な人々に触れることで日本の素晴らしさや自分自身の役割を感じる。紆余曲折を経て、浦安にて平成19年より5年間合氣道を修業し直し、自然と調和した暮らしを実践するため、自然豊かないすみに戻る。現在、自然との調和と循環をテーマに、合氣道指導、米づくりを中心とした農に力を注いでいる。
菊池
菊池明子 【スタッフ】

東京都江戸川区出身。生まれも育ちもずっと江戸川区。年若き頃にスノーボードにハマり、新潟県に住込みバイトで行き、その後ハーブやアロマや天然石等自然のものに心惹かれ独学で色々勉強する。実兄が自宅で飲食店を始めたのをきっかけに食の世界にも興味を持つ。家族の病気で更なる転換期を迎えセルフケア的な自然療法や農薬、肥料を使わない野菜作りや薬膳カレー屋を将来的に自分で出来るようになりたくて2014年4月いすみに移住。

宇井
宇井里実 【スタッフ】

いすみ市(旧大原町)生まれのロコガール。高校卒業後、自然と食が大好きだったので地元のリゾートホテルに就職。地元を一度離れて、いすみの魅力を再確認してUターン。都会も好きなので毎月何回も遊びに行き刺激をもらい楽しんでいます。これからは田舎の伝統を学び受け継いで行き、新しい考えをプラスしてより良い暮らしにしたいと挑戦中。

徳久
徳久(旧姓:堀井)なおみ 【スタッフ】

東京都江戸川区出身。将来的には自然の中で暮らしたい漠然とした希望から、約3年前にいラ研の「房総いすみのエコな暮らし方ツアー」に参加。いすみを知り何度か観光で通い、海があり、田んぼが多くて空が広い、東京にも近いというところに惹かれる。最近まで都会の真ん中で働いていたがコンクリートに囲まれていることに息苦しさを感じ…週末だけでなく、毎日がストレスなく、楽しく好きなことをしていないともったいない!と強く思う。2015年1月に、窓から空と畑と里山が見えるアパートに、引っ越し感覚で移住。

鈴木康平
鈴木康平 【会員・スタッフ】

柏の物流会社で会社員をしています。出身は埼玉県川越市、就職を機に千葉県へきました。学生時代の師から「住む街と人を愛しなさい」と教えを受け、運よく住民と仲良くなれたいすみ市に、休みの度、片道2時間かけて通う生活を始めて早1年。少しずつ房総に詳しくなり、「よりこの地域を知り、何かしたい」という思いが強くなったので、以前からお世話になっていたいラ研の門を叩きました。学生時代、新聞部だったので情報発信に興味があり、メンバーで数少ない、市内在住でない立場を通して、活動を通して学んで、行動できたらな、そう考えている25歳(2015年1月現在)です。

藤江
藤江信一郎 【特任研究員】
いすみ市生まれ。いすみ市定住促進協議会副会長。
鉄道会社を35年勤務の後、家業に専念。
兼業農家だった稲作栽培から、果樹農家に転換し、地域の活性化への道を探る。現在、いちじくとブルーベリーを栽培。
また平成7年、宅地内にコテージを建設、都市住民との交流を図る事業も展開。
地域の小学校が廃校にならにように、地域振興に力を注ぐ。
Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.