イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

地球環境基金

【地球環境基金活動報告】7月20日、「第5回生物の多様性を育む農業国際会議 in いすみ」にて「エクスカーションⅡ:いすみの里海と器械根クルーズ」を行いました。

7月20日の午後、「第5回生物の多様性を育む農業国際会議 in いすみ」の開催地主催サイドイベントとして、いすみ地域の海の生物多様性を育む里海をめぐる「いすみの里海と器械根クルーズ」を行いました。
このコースは、23名の参加者がありました。

このコーズの目玉はいすみ地域の海の生物多様性を育む岩礁地帯「器械根」が広がる里海のクルーズです。
暑かったのですが、幸いにも天気に恵まれ、クルーズ日和でした(雨が降らなくても、風が強くても海には出ることができませんので、雨も風もなく幸いでした)。

コワーキングスペースでのオリエンテーションの後、大原漁港からチャーターした遊漁船「松鶴丸」と「鈴栄丸」に乗って「器械根」の洋上を太東崎沖まで周遊しました。

次に、九十九里浜の南端に位置する高さ60 メートルの岬「太東崎」を訪ねました。
ここは九十九里浜だけでなく、夷隅川河口から平野部、太平洋までを一望することができます。

最後は、この太東崎の麓に広がる太東海浜植物群落を歩きました。
ここは海浜の景観が海浜固有の特殊な生態系を持つと1920年に日本で最初の国指定天然記念物に指定されました。
現在は激しい海食により海岸線が後退したため小規模になりましたが、現在でもトベラ、ヤブニッケイなど海浜特有の生物相が見られます。
暑い中、皆さん、熱心にガイドの方の説明を聞いていました。

 

※このプログラムは平成30年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

※このブログの記事は平成30年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SGDsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

(えざき)

【地球環境基金活動報告】7月20日、「第5回生物の多様性を育む農業国際会議 in いすみ」にて「エクスカーションⅠ:いすみ鉄道で行く房総の里山」を行いました。

7月20日の午後、「第5回生物の多様性を育む農業国際会議 in いすみ」の開催地主催サイドイベントとして、「いすみ鉄道で行く房総の里山」を行いました。

このコースは、いすみの里山で育まれている歴史、生活、そして、里の生物多様性を見て回るもので、29名の参加者がありました。

まずはいすみ鉄道に乗り、里山の駅まで移動しました。

車窓からムーミン人形のお出迎え。それを覗き込む参加者の皆さん。

里山の駅からはバスで行元寺へ移動しました。

行元寺は、谷津の丘のところに建つお寺で、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の代表作「神奈川沖浪裏」に影響を与えたと言われる彫刻師・武志伊八郎信由の作品「波に宝珠」が飾られており、地域の観光地としても知られています。
ここで住職の話を聞きました。

次に、牛の糞尿を堆肥・液肥化させて「みねやの里」ほか地域の農家に提供し、その堆肥で育てた飼料米を牛の餌として利用する「循環型酪農」を実践している高秀牧場を見学しました。また、高秀牧場は6次産業化にも取り組み、チーズ工房、ジェラート工房、カフェを牧場内に設置しています。

この日はとても暑かったので、このカフェで一服しました。

最後に、水田と谷津に挟まれた場所に作られた、豊かな自然の中で生き物たちと触れ合うことができる施設「いすみ環境と文化の里センター」を訪れ、いすみ地域の生物多様性について職員から説明を受けました。

 

※このプログラムは平成30年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

※このブログの記事は平成30年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SGDsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

(えざき)

【地球環境基金活動報告】7月20日、「第5回生物の多様性を育む農業国際会議 in いすみ」にて「いすみの生物多様性を育む農業現地見学」を行いました。

7月20日の午後、「第5回生物の多様性を育む農業国際会議 in いすみ」の開催地主催サイドイベントとして、「いすみの生物の多様性を育む農業現地見学」を行いました。

いすみ市は、2014 年から民間稲作研究所の支援を受けて、生物の多様性を活かした抑草・病害虫防除技術と安定多収技術の確立をめざしてきました。

この見学会では、30名の参加者があり、いすみ市の有機水田をはじめとする地域循環型農業の現場を見てまわりました。

1.みねやの里
2004 年から集落の農家21 戸が参加する1 集落1 農場方式で農業を営んでいます。
いすみ市のすすめる自然と共生する里づくりのモデルエリアとして、2013 年から水稲無農薬栽培に挑戦、有機水田は3ha ほどあります。ビオトープを設置して、生物多様性を豊かにすることで害虫被害を抑えたり、大豆や米ぬかなどを使った自家製肥料による循環型農業に取り組んでいます。
この日は、代表の矢澤さんが話をしてくださいました。

2.伊大知(いおち)農場
現場の説明をしてくださった伊大知衛(いおちまもる)さんは、千葉の三大米どころといわれる夷隅で良質米づくりをけん引してきた「ちば国吉米匠の会」のリーダー的存在です。2015 年に有機米づくりに参加してから、約2ha の田んぼを3 回の代かきや、深水管理などで見事なまでに雑草を生やさず管理しています。

3.いすみ市土着菌完熟堆肥センター
落ち葉などに付着している糸状菌(好気性の微生物)を発酵に利用した完熟堆肥を作っている施設です。堆肥の原料には、地域由来の米ぬかや孟宗竹、海藻などの資源を利用しています。

最後に、エクスカーションⅢいすみのオーガニックライフのコースにもなっているブラウンズフィールドにあるカフェ「ライステラスカフェ」にて、見学のまとめをしました。

 

※このプログラムは平成30年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

※このブログの記事は平成30年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SGDsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

(えざき)

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.