イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-

地球環境基金

2月18日(土)に「農的ライフスタイルデザイン勉強会(仮)」を千町保育所跡地で行います

2月18日(土)に「~環境保全のための農的社会、農的社会のための環境保全を考える~農的ライフスタイルデザイン勉強会(仮)」を千町保育所跡地で行います。

この勉強会は、地球環境基金の助成金を受けて実施するもので、里山里海の環境保全のための啓蒙活動の一環として、里山里海の環境保全のためには農業の活性化はもちろんのこと、暮らしの中に農的な要素を加えていくことが重要ではないか、また、そのことが地域の魅力アップや活性化にもつながるのではないかという問題意識と仮説から行っています。

また、さらには、私たちは「農業ができて当たり前」という考えを持ちがちですが、その環境が脅かされつつあるということには気づいていません。
獣害被害を入り口にして、特に都市生活者が当然のこととして前提にしている「田舎で農業ができて当たり前」という状況が、実はいすみでも脅かされてはじめている、という部分にまで踏み込んで、考えていきたいと考えています。

農的社会、耕作放棄地、新規就農、農の流通、獣害被害などに興味のある方は、ぜひご参加ください。

————————————
勉強会タイトル:
~環境保全のための農的社会、農的社会のための環境保全を考える~
農的ライフスタイルデザイン勉強会(仮)

講師:蔦谷栄一氏(農的社会デザイン研究所代表)、仲谷淳氏(中央農業総合研究センター)
日時:2月18日(土)13:30~17:00
場所:千町保育所跡地 講堂
参加料:無料
主催:NPO法人いすみライフスタイル研究所
 
蔦谷栄一氏(農的社会デザイン研究所代表)

 
仲谷淳氏(中央農業総合研究センター)

 
 
今回の勉強会の目的:
————————————
1.前回9月29日の勉強会で蔦谷先生に持ち帰っていただいた課題について、蔦谷先生からの回答をいただくことと、それについて、市民と質疑応答・意見交換を行うこと。

なお、前回の勉強会の模様については、以下のブログでご紹介させていただきました。
http://www.isumi-style.com/blog/?p=16036

課題のテーマは、4つ。

・耕作放棄地
・新規就農
・農家の流通体制づくり、都市部との接点づくり
・獣害被害

2.獣害被害で行っている集落単位でのイノシシ対策について、活動の主旨とこれまでの活動報告、そして、今後の予定報告。

この勉強会の模様につきましては、以下のブログで簡単ですが紹介させていただきました。

http://www.isumi-style.com/blog/?p=16069
http://www.isumi-style.com/blog/?p=16587
http://www.isumi-style.com/blog/?p=16600

ここで仲谷先生に今回の活動に関連したことをお話ししていただきます。
また、蔦谷先生の獣害被害の部分は、仲谷先生へバトンを渡すための導入部分との位置づけで話をしていただくことを考えています。

この部分の活動は、繰り返しになりますが、6次産業化、農業をベースにしたソーシャル・アクティビティ(社会活動)や農的社会デザインが前提としている「農業ができて当然の自然環境」そのものが、少子高齢化や耕作放棄地増加などによる農業の衰退で脅かされ始めている、という危機感のもとに、その「農業ができて当然の自然環境」の保全も視野に入れた活動をこのいすみ地域でやっていくことも必要なのでは、という問題意識のもとにはじめています。

3.今回の地球環境基金の活動報告

勉強会を含め、今回の基金の事業でいラ研がやってきたことをご報告させていただく予定です。ここは、時間はそれほど必要とはしません。
 
プログラム:
—————————-
13:30:開始、プロジェクト全体の主旨活動報告

13:45:蔦谷先生からのレポートと質疑応答
下記4つの課題について取り組み事例(資料配布)を紹介しながら、横断的に話
を進める。
・耕作放棄地
・新規就農
・農家の流通体制づくり、都市部との接点づくり
・獣害被害(仲谷先生への橋渡し)

15:35~15:45:休憩
15:45:仲谷先生からのレポートと質疑応答
16:30:蔦谷先生+仲谷先生+参加者で座談会(意見交換・雑談会)
17:00:終了(懇親会はなし)
—————————-

以上です。

(えざき)

※このブログの記事は平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。また、今回の勉強会も平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施します。

【いラ研ゆく年くる年2016】10月22日薪ネット主催の「親子で楽しむ山仕事・森遊び体験」に参加、協力しました

10月22日(土)9時半から行われたいすみ薪ネットワーク主催の「親子で楽しむ山仕事・森遊び体験」に参加、協力させていただきました。

地球環境基金事業「いすみ地域における森里川海の一体型環境保全活動による里海の維持」の一環で、今回の里山の保全活動に必要な備品などの購入をお手伝いさせていただきました。

今回のイベントでは、移植シャベルを使って簡単に山林を保全するやり方を、高田造園設計事務所の高田宏臣さんに教えていただきながら、実際に山林の中に入っていって、保全活動を行いました。

午前中は、山道の階段の作り方、谷津を荒れさせないようにするための水路づくり溝掘り、穴掘りなどを実演を交えながら教えていただき、我々もやってみました。

菌糸類と木の根をうまく絡ませるように、地面を調整するのが、コツのようでした。

昼食は、地元で穫れたイノシシの肉を使った豚汁をはじめ、いすみ薪ネットワークといすみプレーパークの会の皆さん手作りの料理をご馳走していただきました。

午後は、尾根の登って、杉の皮剥ぎなど間伐のやり方を体験しました。

子ども連れの家族も結構いらしていて、30人前後の方が参加されていました。
山林の保全というと、たいそうなイメージがありましたが、やってみると意外と簡単で、ガーデニング感覚でできることがわかり、面白かったです。

庭造りや畑づくりにも役立ちそうでした。

(えざき)

※このブログの記事は平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

【いラ研ゆく年くる年2016】11月24日峰谷集落で「イノシシによる農作物被害のない地域を作る」保全活動勉強会第2回を行いました

10月25日(火)に行いました地球環境基金事業「いすみ地域における森里川海の一体型環境保全活動による里海の維持」の保全活動勉強会「イノシシによる農作物被害のない地域を作る」の2回目を、11月24日(木)9時半から行いました。

今回も、房総野生生物研究所の手塚幸夫さんに、いろいろとお骨折りいただきました。

前回は、仲谷淳さん(中央農業総合研究センター)のお話しが中心だったのですが、今回は集落の方々も積極的にも参加していただき、また、千葉県の有害鳥獣対策担当の方や集落以外の方々にも参加していただき、少し趣も異なりました。

まず、「みねやの里」の皆さんから、イノシシ対策をどうしたいのかご意見をいただきました。
続いて、市の農林課の池田さんから、市や県で有害鳥獣対策のために用意できる助成金・補助金の説明がありました。
それらをうけて、仲谷先生の方から、具体的な進め方、注意点などのコメントがありました。

これから、新田野集落と同様、具体的に集落の地図(図面)にイノシシの被害の状況をマッピングして、どのように対策を行っていくのかの具体的な検討に入り、保全活動を開始する予定です。

また、千葉県では、今回のこの集落単位での有害鳥獣対策の取り組みを評価され、来年度に県内他地域への展開を推進することを検討されているそうです。
さらに、隣町の一宮町や御宿町でも、仲谷先生をお呼びしてイノシシ対策に乗り出すそうで、私たちの活動が、周囲に評価されていることを、うれしく思います。

(えざき)

※このブログの記事は平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.