イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-

いすみの風景

漫画『或る海と川と里山の話』

『或る海と川と里山の話』

という漫画を描かせていただきました。
描いているのはいラ研スタッフで絵描きのどら(せきねゆき)です。

以下、一部紹介いたします。

いラ研の地球環境基金助成事業の一環としてつくられたこちらのパンフレット。
いすみ市内を中心にあちこち配布される予定です。

いラ研事務所にも置いておりますので、ぜひお手にとってみてください。無料です。
何か感じていただいたり、大事にしていただければ、うれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

(どら)

まきべ~も熟読中です。

「ふむふむ~ むむむ~
 いすみの自然を大切に~ だっぺぉ~」

※このパンフレットは平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

大沢昌助資料室ナギサ 2017年1月の展示

2017年1月ナギサの展示のご紹介です。
今月は正月にちなんで、赤を基調とした絵、重厚な雰囲気の絵が展示されています。

左上:「クセナキス」コラージュ
題名は現代音楽作曲家。先生はクラシックから現代音楽まで、いつも音楽を聴いておられました。
真中:コラージュ、1992年(89歳)
練馬区立美術館追悼展出品
右下:「日はめぐる」オイルパステル、1996年(93歳)

 
————–
左:「そうぐう」版画、1989年(86歳)
グランパレ美術館 パリSAGA89展出品、その後ベルギーへ。
真中オブジェ:「立ちすがた」1992年(89歳)
右:「白の中の赤」油絵、50号、1981年(78歳)
練馬区立美術館変身・変貌展出品

 
————–
左左:「空中に足あげる人」油絵、60号、1982年(79歳)
 21回国際形象展出展
 練馬区立美術館・生誕100年展出品
左中:「ネコ」油絵、4号、1994年(91歳)
右中:紙パレット、1991年(88歳)、常設展示
右右:「静物」水彩、1921年(18歳)、芸大に入る前からこれだけ描けました。
「美術学校2年位の時に、後期印象派の人なんかにすごくひかれた。もう向こうのものと同じに画かないでしょう。すぐそこに主観的なおもしろい形を自分でつくりあげていった。その影響を早くから受けたからネ。」

 
————–
左上:「白いリズム」水彩、1995年(92歳)
 練馬区立美術館・追悼展出品
真中下:「無題」墨・和紙、1994年(91歳)
右上:コラージュ、1989年(86歳)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※大沢昌助オリジナル版画集を500円(送料込)でお分けしております。ギャラリーアルカディアまでお申し込みください。
〒299-4622 千葉県いすみ市岬町押日163-3

先生のコレクションが練馬区立美術館に多いのは、先生がお住まいだった大田区に美術館がなかったこと、当時の練馬区立美術館の学芸員の方が、見識が高く、区内の作家に限らず、日本全国の優れた作家、作品を集められました。その中に先生の作品がたくさん含まれていたためです。

80歳を過ぎてからも、ますます活き活きとした作品を描き続けられ、息をするように自然体で絵を描かれた大沢先生の作品を、間近にご覧になりたい方は、ぜひお越しください。

◆大沢先生のオリジナル版画をまとめたパンフレット好評です。
このパンフレットに掲載されている作品は、練馬区立美術館にコレクションされており、現在もお買い求めいただくことができるものです。興味のある方は、大沢昌助絵画資料室ナギサ/ギャラリーアルカディア(0470-87-9379)までお問い合わせください(版画購入の際、返品は不可)。
又、資料室を見学にいらした方には版画集をさしあげます(A4 、16ページ、300円)。
大沢先生の絵は、多くの美術館だけでなく、資生堂やキヤノン、SANYO(三陽商会)などの企業からもコレクションされています。東京の画廊の方もよくいらっしゃるそうで、美術好きの方、絵の勉強をされたい方は資料室へぜひ足を運んでみてください。
また、大沢先生がいすみの海を描いた「海景」という題の版画の絵葉書ができました。100円です。

大沢先生が描いたいすみの風景画の絵葉書、この他にも作るそうですので、お楽しみに。

(えざき)

■「大沢昌助絵画資料室 ナギサ」概要
日本の洋画界を代表する大沢昌助先生(1903-1997)の作品を中心に、
他の作家さんの陶芸作品などを展示しています。
美術の専門家だけでなく、次の時代を担う子供たちや若者たちにも、
ぜひ心の目で作品に触れて欲しいと願い建てられた、小さな六角形の資料室です。
作品:学生時代より93 歳まで収蔵。毎月展示替。
常設:油絵(美術館レベルの大作含む)、水彩、デッサン、版画、コラージュ、
絵付け陶器作品を20 点以上常設展示。
公開:12:00-17:00、水曜・休、要・予約。
料金:大人500 円(月何回でも入室可)、学生無料。
大沢昌助絵画資料室ナギサ/ギャラリーアルカディア
Tel&Fax 0470-87-9379
http://osawashosuke.com/

ハロプロ・コンテンツでも「いすみ」増殖中 – いすみを舞台にした動画が続々アップ

2016年10月10(月・祝)に千葉県いすみ市 岬ふれあい会館にて行われた「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ IN いすみ」に関する動画が、ハロプロの「SATOYAMAチャンネル」に続々とアップされています。

「房総ジャンボリー」や「秋キャンプ in いすみ」でライブをやってくれたBitter & Sweet(ビタスイ)さんはじめ、ハロプロのタレントさんが、いすみに滞在して「田舎暮らし」を体験。
その模様が動画コンテンツとして、YouTubeで配信されています。

タレントさんが体験している姿を見て、改めて「いすみ」の魅力を、再発見させていただきました。

「SATOYAMA & SATOUMI movement」では、3月25、26日に今度は幕張メッセで、大掛かりなイベントを行うそうです。こちらも楽しみですね。

<プレイリスト>
遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ IN いすみ

◆岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験! Vol.1薪割り〜BBQ

◆岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!Vol.2 いすみの環境・生物を学習〜コウモリが住む洞窟を探検!

◆Vol.3 ヒラメ釣りに出航!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.4 いすみの干潟に散策!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.5 ビタスイ自炊生活〜牧場で乳絞り体験!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.6 林マヤ先生と一緒に農業体験〜大学芋作り!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.7 太巻き・花寿司作り!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆SATOYAMA & SATOUMI movement コラボカレー第5弾!⇒たこカレー

◆「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ IN いすみ」開催!

なお、公式チャンネルではないのですが、ファンの方々が自発的にアップされているものもあるようです。

◇こちら、ファンの方が「秋キャンプ」の模様を動画でアップしてくれてました。
SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプINいすみ 現場レポ

◇161010 SATOYAMA 「写真で見るいすみ野生生物クイズバトル」 ℃-ute、カントリー・ガールズ、つばきファクトリー

◇ハロプロ研修生、つばきファクトリー 外ブースでの販売

◇モーニング娘。13期 横山玲奈 加賀楓 ハロプロ研修生 川村文乃 たこめしを売る。

アイドルやタレントが絡むと、ファンの方々が自発的に拡散してくださるので、プロモーション効果、高いようですね。

いすみと都市部の対流人口(関係人口)を増やしていきたい我々いラ研としては、コラボし甲斐のあるハロプロさんとのイベント「秋キャンプ」です。

(えざき)

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.