イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

いすみの風景

大沢昌助資料室ナギサ 2017年7月の展示

2017年7月ナギサの展示のご紹介です。
7月は、夏にちなんで、青を基調とした絵と裸婦像が展示されています。

左上:「無題」コラージュ、1989年(86歳)
右下:「うづくまる」水彩、1972年(69歳)
練馬区立美術館追悼展出品

————–
左:「大木」水彩、1997年(93歳)
 岬町を訪れ、四堰神社の周辺散歩して。
練馬区立美術館追悼展出品

右:「青い昆虫」油絵、100P号、1964年(61歳)
6回現代美術展出品
練馬区立美術館生誕100年展出品

————–
「寝姿」油絵、40号、1992年(89歳)
練馬区立美術館追悼展出品

————–
左:「裸婦」油絵、サムホール、芸大時代、芸大首席卒業
中:紙パレット、1991年(88歳)、常設展示
右:「花」水彩、1922年(19歳)
 芸大に入る前から描けました


————–
左上:「青の像」油絵、3号変形、1995(92歳)
真中下:「白い線」水彩、1991年(88歳)、35万
右上:「無題」コラージュ、1989年(86歳)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
※大沢昌助オリジナル版画集を500円(送料込)でお分けしております。ギャラリーアルカディアまでお申し込みください。
〒299-4622 千葉県いすみ市岬町押日163-3

先生のコレクションが練馬区立美術館に多いのは、先生がお住まいだった大田区に美術館がなかったこと、当時の練馬区立美術館の学芸員の方が、見識が高く、区内の作家に限らず、日本全国の優れた作家、作品を集められました。その中に先生の作品がたくさん含まれていたためです。

80歳を過ぎてからも、ますます活き活きとした作品を描き続けられ、息をするように自然体で絵を描かれた大沢先生の作品を、間近にご覧になりたい方は、ぜひお越しください。

◆大沢先生のオリジナル版画をまとめたパンフレット好評です。
このパンフレットに掲載されている作品は、練馬区立美術館にコレクションされており、現在もお買い求めいただくことができるものです。興味のある方は、大沢昌助絵画資料室ナギサ/ギャラリーアルカディア(0470-87-9379)までお問い合わせください(版画購入の際、返品は不可)。
又、資料室を見学にいらした方には版画集をさしあげます(A4 、16ページ、300円)。
大沢先生の絵は、多くの美術館だけでなく、資生堂やキヤノン、SANYO(三陽商会)などの企業からもコレクションされています。東京の画廊の方もよくいらっしゃるそうで、美術好きの方、絵の勉強をされたい方は資料室へぜひ足を運んでみてください。
また、大沢先生がいすみの海を描いた「海景」という題の版画の絵葉書ができました。100円です。

大沢先生が描いたいすみの風景画の絵葉書、この他にも作るそうですので、お楽しみに。
(えざき)

■「大沢昌助絵画資料室 ナギサ」概要
日本の洋画界を代表する大沢昌助先生(1903-1997)の作品を中心に、
他の作家さんの陶芸作品などを展示しています。
美術の専門家だけでなく、次の時代を担う子供たちや若者たちにも、
ぜひ心の目で作品に触れて欲しいと願い建てられた、小さな六角形の資料室です。
作品:学生時代より93 歳まで収蔵。毎月展示替。
常設:油絵(美術館レベルの大作含む)、水彩、デッサン、版画、コラージュ、
絵付け陶器作品を20 点以上常設展示。
公開:12:00-17:00、水曜・休、要・予約。
料金:大人500 円(月何回でも入室可)、学生無料。
大沢昌助絵画資料室ナギサ/ギャラリーアルカディア
Tel&Fax 0470-87-9379
http://osawashosuke.com/

夷隅川のリバークリーンクルーズ、あさって日曜日(16日)開催です。お申込み受付中!

毎月定例となりました「いすみ川SUP リバークリーンクルーズ」、7月のご案内です。
今度の日曜日(16日)に開催します。今回は、午後、14時からの開催となりますので、ご注意ください。
ただいま、お申込み受付中です。

お申し込みは、いすみパドルクラブまで。

以下、開催概要です。

◆主催:いすみパドルクラブ
◆共催:NPO法人いすみライフスタイル研究所
※このイベントは、平成29年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施します。

◆協賛:(株)アルプロン、(株)JVCケンウッド
◆参加対象者:小学生以上
◆参加費:2,000円(税込) 幼児 1,000円(機材、ライフジャケット、税込)
*お一人で漕げない場合はインストラクターか親御さんのボードに同乗となります。
◆募集人数:各回:20名
◆集合場所:いすみパドルクラブ 駐車場 〒299-4504 千葉県いすみ市岬町桑田1809-1

◆スケジュール
14:00 いすみパドルクラブ集合、着替え・移動
15:00 万木桟橋からリバークルーズスタート
16:30 クルーズ終了 記念撮影、移動・シャワー・着替え
17:00 振り返りをしながらのティータイム
18:00 解散

◆レンタル ウエットスーツ¥2,000、ブーツ¥1,000 (税別)

◆持ち物
●水に濡れて良い格好(ラッシュガード、ボードショーツ等)、着替え、タオル、日よけ対策(日焼け止め、帽子等)
●ウエットスーツをお持ちの方はお持ちください。

★ご注意事項
●各回、定員になり次第募集を締め切らせていただきます。各回定員20名
●お申込み後、事務局より詳細情報をご連絡差し上げます
●受付時間を目安に余裕を持ってご来場ください
●お客様の都合で止むを得ずキャンセルなされる場合は、事前にご連絡ください。
●本イベント中に撮影した写真、ビデオにつきましては、主催者及び協賛企業において宣伝・販売促進等の手段として、PR活動、その他の販促物に使用することがあります。不都合がある方は事前にお申し出ください。
●天候・その他の事情により変更になる場合がございますのでご容赦ください。
●中止の場合は前日17時までに、順次ご連絡差し上げます。

<参加規約>
開催に当たり十分な安全管理を行いますが、万一不慮の事故があった場合、加入済み保険適用範囲内での賠償となります。上記、参加規約を承諾された上お申し込みください。お申し込みをもって同意いただいたものとさせて頂きます。

お申し込みは、いすみパドルクラブまで。

(えざき)

※このブログの記事は平成29年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

29年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

大沢昌助資料室ナギサ 2017年6月の展示

2017年6月ナギサの展示のご紹介です。
5月は東京・神楽坂での展覧会、『大沢昌助の世界展』Part20「没後20年記念」のため、お休みいただきました。
6月は、大沢先生のお父様の三之助さんの誕生月ということで、三之助さんの水彩画が展示されているほか、緑色の絵が展示されています。

左上:「無題」コラージュ、1989年(86歳)
右下:「無題」水彩、1984年(81歳)
練馬区立美術館追悼展出品

————–
左:「ふたり」版画(リト)、1972年(69歳)
 版画の初期
右:「3色の構成」(2作対)水彩、1994年(91歳)
 色画用紙に大胆にアクリル(油絵の具)で描かれた、力作。
 若い現代美術の作家もびっくりする。

————–
「森の木陰」油絵、60号、1994年(91歳)
練馬区立美術館生誕100年展出品

————–
左:「木」水彩、1956年(53歳)
中:紙パレット、1991年(88歳)、常設展示
右:「ナポリの夕べ」大沢三之助(父)水彩、1867年(41歳)
 三重県立美術館出品
 文部省の依頼で4年留学、芸大に建築科創る。6月生まれ。
 父・大沢三之助
芸大建築科主任教授。後に宮内庁匠の守になり、重要建築物を管理する。芸大・哲学堂・福沢諭吉邸など建てる。妹が福沢の長男と結婚、親戚となる。

————–
左上:「色のかたまり」紙にアクリル、1992年(89歳)
真中下:「無題」墨・和紙、1994年(91歳)
右上:「無題」コラージュ、1989年(86歳)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
※大沢昌助オリジナル版画集を500円(送料込)でお分けしております。ギャラリーアルカディアまでお申し込みください。
〒299-4622 千葉県いすみ市岬町押日163-3

先生のコレクションが練馬区立美術館に多いのは、先生がお住まいだった大田区に美術館がなかったこと、当時の練馬区立美術館の学芸員の方が、見識が高く、区内の作家に限らず、日本全国の優れた作家、作品を集められました。その中に先生の作品がたくさん含まれていたためです。

80歳を過ぎてからも、ますます活き活きとした作品を描き続けられ、息をするように自然体で絵を描かれた大沢先生の作品を、間近にご覧になりたい方は、ぜひお越しください。

◆大沢先生のオリジナル版画をまとめたパンフレット好評です。
このパンフレットに掲載されている作品は、練馬区立美術館にコレクションされており、現在もお買い求めいただくことができるものです。興味のある方は、大沢昌助絵画資料室ナギサ/ギャラリーアルカディア(0470-87-9379)までお問い合わせください(版画購入の際、返品は不可)。
又、資料室を見学にいらした方には版画集をさしあげます(A4 、16ページ、300円)。
大沢先生の絵は、多くの美術館だけでなく、資生堂やキヤノン、SANYO(三陽商会)などの企業からもコレクションされています。東京の画廊の方もよくいらっしゃるそうで、美術好きの方、絵の勉強をされたい方は資料室へぜひ足を運んでみてください。
また、大沢先生がいすみの海を描いた「海景」という題の版画の絵葉書ができました。100円です。

大沢先生が描いたいすみの風景画の絵葉書、この他にも作るそうですので、お楽しみに。
(えざき)

■「大沢昌助絵画資料室 ナギサ」概要
日本の洋画界を代表する大沢昌助先生(1903-1997)の作品を中心に、
他の作家さんの陶芸作品などを展示しています。
美術の専門家だけでなく、次の時代を担う子供たちや若者たちにも、
ぜひ心の目で作品に触れて欲しいと願い建てられた、小さな六角形の資料室です。
作品:学生時代より93 歳まで収蔵。毎月展示替。
常設:油絵(美術館レベルの大作含む)、水彩、デッサン、版画、コラージュ、
絵付け陶器作品を20 点以上常設展示。
公開:12:00-17:00、水曜・休、要・予約。
料金:大人500 円(月何回でも入室可)、学生無料。
大沢昌助絵画資料室ナギサ/ギャラリーアルカディア
Tel&Fax 0470-87-9379
http://osawashosuke.com/

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.