イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
+

SDGsロゴ

おもてなしロゴ

+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

中間支援

「大原写生会2021」の作品展が東京の「ギャラリー・ゑいじう」で9月15日まで行われています。

5月29日、30日に行われた「大原写生会2021」の作品展が東京のギャラリー「ギャラリー・ゑいじう」で開催されています。
ご縁があって、この写生会に、いすみライフスタイル研究所も賞を出させていただいています。
今回のいすみライフスタイル研究所賞は、№21(岩瀬寿文さん作品)になります。
岩瀬さん、おめでとうございます。

この他、結果発表は《大原写生会2021結果発表》をご覧ください。

作品展は、以下の要領で開催されています。
いすみでの展示も計画されているとのことで、楽しみですね。

【展示のお知らせ】
9月1日から15日まで、本年6月に募集して全国から160作品の出展があった「大原写生会2021」の作品展を、新宿区のギャラリー・ゑいじうで開催しています。受賞作を中心にアナログ水彩画からデジタル画までたくさんの作品を飾っています。

イベント名:
大原写生会2021作品展
場所:
ギャラリー・ゑいじう
東京都新宿区荒木町22-38
地下鉄曙橋駅、四谷三丁目駅最寄り
(曙橋からの道が短縮されました)
http://www.eijiu.net/
会期:
2021年9月1日から15日(期間中は無休)
時間:
11時から19時
内容:
オンライン上で行われた大原写生会2021の出展作品を展示。 入賞作品は額装展示(一部のアナログ作品以外は印刷作品)。

(えざき)

5月1日に14年目がスタートし、新たにいラ研・いすみやでコラボも始まります。よろしくお願いいたします。

NPO法人いすみライフスタイル研究所は、
5月1日に14年目がスタートいたしました。
多くの方々のご協力、ご支援に、深く感謝いたします。
今年のGWは、いラ研事務所を大掃除し
事務所内に「いすみや」を移転し、
明日5月10日(月)から、
いラ研・いすみやコラボでスタートします。
「いすみや」では、
いすみオーガニックの取り組みなど、
商品とともに様々な情報も
お届けしていきたいと思います。
新型コロナウイルス感染症対策をとりながら
多くの人々や様々なもの、こと、情報なども
つながる場所として、
農家さんや作り手さんをはじめ農業を応援し、
生物多様性や自然環境の豊かさともたらされる恵を大切に
みなさんとともに、
持続可能なまちづくりを目指していきたいと思います。
「いすみや」「いラ研」
引き続きどうぞよろしくお願いします。
(かずえ)

「ふるさとプロボノin里山漁村プロジェクト」の成果物、「いすみオーガニック?何それ?」パンフレット公開します。レポートも最終回公開されました。

農林水産省「人材交流・ビジネス支援対策」事業の一環として、認定NPO法人サービスグラントさんが実施されている「ふるさとプロボノ in 農村漁村」に、いラ研もお世話になりました。

課題として相談させていただいたのは、いラ研がこの数年間、地球環境基金の助成を受けて行ってきた事業と密接に関係してきたいすみ市での大きな流れのひとつを紹介するパンフレットを作成することでした。

この流れとは、いすみ市が策定した生物多様性戦略を実現するために組織された「自然と共生する里づくり連絡協議会」の延長線上にある、いすみ市でのオーガニック農産物の生産と消費の循環を作る活動のことを言います。

市内のオーガニックに関わる取り組みは多岐にわたり、行政、NPO の他に農業の生産者や市民活動をしている方々も多数参加しています。それぞれが魅力的な活動をしていますが、それらを紹介していく場が、まだまだ少ない。

学校給食の有機野菜、有機米化について問合せが増えるなど、地域外からの関心は高まっている一方、オーガニック化への取り組みを知らない市民も多く、地域内の周知と巻き込みを進めたいと考えています。
そこで、「いすみオーガニック」という名の活動として総称し、その活動を紹介するパンフレットを作成することで、市民を中心に、行政、NPO、農業生産者、学校なども参加し、地域ぐるみでこの活動が進められていることを市内外にアピールし、市のシティプロモーション、移住定住促進にも繋げていきたいと考えました。

また、地域内外にこれらの活動に取り組む人々をパンフレットで紹介し、知ってもらうことは、その人たちのモチベーションアップにもつながると考えました。

2020年10月からスタートしたパンフレットづくりのプロジェクト、6人の都市生活者方々が、プロボノメンバーとして、ご自身の仕事を持ちながら空いた時間を活用して、ボランティアで参加してくださいました。
空いた時間と言っても皆さん、20代~40代の働き盛りの方々ばかりですので、もちろん、普通に働いていても多忙な方々であるにも関わらず、仕事から帰宅した夜ばかりでなく、休日の時間を割いてこのパンフレットづくりを行っていただきました。

「いすみオーガニック」と一言で言っても、明確な推進母体や目標があるわけでもなく、パンフレットとしてまとめるのも簡単ではなかったと思います。

プロボノメンバーの皆さんの大奮闘の模様は、以下のドキュメンタリー・レポートからご覧いただけます。
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-1/
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-2/
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-3/
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-4/
メンバーの皆さん、本当にありがとうございました。

プロボノメンバーに作っていただいた「いすみオーガニック」のパンフレット、以下からダウンロードできます。

>>「いすみオーガニック」のパンフレットをダウンロードする

(えざき)

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.