イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-
2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-

お知らせ

3月25日(土)に岬公民館で「第2回・生物と環境に関する中・高校生交流会」が行われます。

日にちが迫って来ましたが、環境教育に関するイベントのご案内です。

夷隅郡市自然を守る会と房総野生生物研究所の主催で、3月25日(土)に、中学生と高校生の発表&交流会が行われます。

中学生は科学論文展で入選した個人及びグループでの研究を、高校生は部活動(生物部)で行なってきた調査研究の成果を発表してくれるそうです。
中高校生の発表の前には長年コウモリの観察を続けてきた大藪健さんのミニ講演もあります。
そして、最後に交流会。地域で生物や環境ついて活動している人たち、小中学校の理科関係の先生、生徒たちの保護者など、参加者全員での自由な意見交換が行われる予定です。

生物、自然、環境、科学、生物多様性…などに興味のある方はもちろん、あまり興味がないけど中高校生が発表するのを見てみたいくらいの軽い気持ちでの参加も大歓迎だそうです。興味ある方は、ご参加ください。

なお、いラ研スタッフのどらちゃんも参加する予定で、先日配布開始した地球環境基金事業の一環で作った漫画『或る海と川と里山の話』を中高生のみんなに見てもらいながら、制作秘話などを話してくれるそうです。

日時:2017年3月25日(土)
参加費:無料(小学生も大人も誰でも参加できます!)
会場:岬公民館 2階/第3・第4研修室
問い合わせ:090-9012-2573(手塚)
主催:夷隅郡市自然を守る会・房総野生生物研究所
協賛:富士ゼロックス・端数倶楽部
後援:いすみ市教育委員会

(えざき)

※このブログの記事は平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

「いすみ市発 房総ライフスタイルプロジェクト」が雑誌「行政&情報システム」2017年2月号で紹介されました。

2015年から取り組んでおります産官学民協働プロジェクト「いすみ市発 房総ライフスタイルプロジェクト」ですが、「産」の役割を担ってくださっている株式会社コンセントに所属し、いすみにも何度もいらっしゃっている川原田大地さんが、雑誌「行政&情報システム」2017年2月号に、このプロジェクトについて寄稿されました。

「行政&情報システム」という雑誌は、一般社団法人行政情報システム研究所というところが発行している電子政府を専門に取り扱う雑誌で、行政情報化や電子政府に関する内外の情報を紹介している雑誌だそうです。
2月号は「サービスデザイン」を特集していました。
私たちの「いすみ市発 房総ライフスタイルプロジェクト」も、このサービスデザインの手法を用いて地域活性化のプロジェクトを展開して欲しいという狙いで、日本を代表するデザインコンサルティング会社、コンセント社さんに参加いただきました。

私は、当初、地域や行政のサービス向上を考える場合に、地域や行政の都合で考えるのではなく、利用者の視点に立った展開が求められるようになってきているという認識のもとに、「人間中心(Human centered)」に利用者との接点を考え、デザインする「Design Thinking」の考え方で何かできないかと考えていたのですが、武蔵野美術大学の井口教授は、この「Design Thinking」の流れを発展させた「サービスデザイン」という考え方を導入されました。

この「サービスデザイン」という考え方で、いすみでどのようなことが行われてきたのか、興味のある方は今回、「行政&情報システム」編集部のご厚意により、川原田さんの記事のPDF配布を特別に許可してくださいましたので、こちらからダウンロードしてご覧になってください。
もしくは、よろしければ、この雑誌をご購入ください。>>雑誌のご購入はこちら

これまで行われて来た市民協働ワークショップや市民インタビューなども紹介されています。

(えざき)

2月11日「いすみ川SUPリバークリーンクルーズ」行いました。次回は、3月19日開催です。

先日、ブログでご案内しました「いすみパドルクラブ」さん主催の「いすみ川SUPリバークリーンクルーズ」に参加してきました。

晴天で日差しがやや暖かいとは言え、2月の夷隅川はやはり寒かったです。

当日の参加者は、「いすみパドルクラブ」の代表、森和仁さんを含め5人。
パドルクラブ前に集合して、ウエットスーツに着替え、森さんのハイエースにボードを積んで夷隅川に降りる場所まで移動しました。

参加者は、私を除いて全員、SUPやサーフィンの経験者ばかり。
てきぱきと準備をして、川に入ります。

陸地にいるとよくわからないのですが、川に出て川岸を見ると、川岸の植物に結構ゴミがひっかかっています。

また、2~3メートル上の方にもゴミ袋などがひっかかっていました。これは、雨で川の水位が上がった時にひっかかったものだそうです。

川のゴミ拾い、簡単に考えていたのですが、ボードが川の流れに流されたり、風が吹いても流されるので、結構神経を使います。

また、身体のバランスを崩すと川に落ちるので、川の掃除と言っても、簡単ではありません。

1時間半ほど作業をして、引き上げてきました。

拾ったゴミは、全部で10Kgくらいだったでしょうか。

「いすみパドルクラブ」では、毎月このリバークリーン活動を続けていくそうです。3月は19日(日)の開催となります。

参加希望の方は、「いすみパドルクラブ」のホームページ、もしくは、いラ研のイベント申込フォームからお申し込みください。いラ研のホームページからお申し込みいただいた場合は、パドルクラブから確認のご連絡をさせていただきますので、その旨、ご了承ください。

いすみ川SUP リバークリーンクルーズ
——————————
国内でも有数の恵まれた自然を有するいすみ川ですが、環境や地形の変化でゴミの流出や、護岸の荒れた状況が問題になってきております。放ておくと景観の悪化、獣害の増加や海洋汚染にもつながる心配があります。

いすみ川の自然環境保全のための流域調査と川の清掃を行うことにしました。一緒に自然に対する意識を高めながらSUPのエクササイズで健康維持増進を目指してみませんか?

継続して開催しますので、ゴミと体脂肪の減量に挑戦しましょう。

主催:いすみパドルクラブ
共催:NPO法人いすみライフスタイル研究所
※このイベントは、平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施します。

協賛:Brown’s Field 古民家プロジェクト、(株)アルプロン、(株)JVCケンウッド
参加対象者:小学生以上
参加費:3800円(税込)
募集人数:各回20名

開催日:2月11日、3月19日、4月16日、5月14日、6月11日、7月16日、8月13日、9月17日、10月15日、11月19日、12月17日
集合場所:Brown’s Field 古民家 駐車場 〒299-4504 千葉県いすみ市岬町桑田1501-1

スケジュール:
10:00:Brown’s Field 古民家または、いすみパドルクラブ集合、着替え・移動
11:00:万木桟橋からリバークルーズスタート
12:30:クルーズ終了、記念撮影、移動・シャワー・着替え
13:00:振り返りをしながらのティータイム
14:00:解散

レンタル:ウエットスーツ ¥2,000、ブーツ ¥1,000(税別)

持ち物:
●水に濡れて良い格好(ラッシュガード、ボードショーツ等)、着替え、タオル、日よけ対策(日焼け止め、帽子等)
●ウエットスーツをお持ちの方はお持ちください。

★ご注意事項
●各回、定員になり次第募集を締め切らせていただきます。各回定員20名。
●お申込み後、事務局より詳細情報をご連絡差し上げます。
●受付時間を目安に余裕を持ってご来場ください。
●お客様の都合で止むを得ずキャンセルなされる場合は、事前にご連絡ください。
●本イベント中に撮影した写真、ビデオにつきましては、主催者及び協賛企業において宣伝・販売促進等の手段として、PR活動、その他の販促物に使用することがあります。不都合がある方は事前にお申し出ください。
●天候・その他の事情により変更になる場合がございますのでご容赦ください。
●中止の場合は前日17時までに、順次ご連絡差し上げます。
——————————

(えざき)

※このブログの記事は平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。また、今回の勉強会も平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施します。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.