イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-

イベント報告

「千葉県しごと生活体験ツアー自治体向け事業報告会」 トークセッションにて話させていただきました。

2月9日(木)「千葉県しごと生活体験ツアー自治体向け事業報告会」
が開催され、トークセッションにて話させていただきました。

今年度、10月と11月に、
千葉県の「しごと生活!地方体験プロジェクト」事業で開催された、
「しごと生活体験ツアー(東上総編~山武・長生・夷隅~)」を受入し
ミニセミナーを担当させていただきました。
http://www.isumi-style.com/blog/?p=16138
http://career-support.inte.co.jp/pjt/chiba_tour/

このツアーは、千葉県が、県内企業への就労を促進のため
仕事と暮らしを同時に体験していただく取り組みとして、
株式会社インテリジェンスに委託、運営実施されました。

全6回のしごと生活体験ツアーが終了し、その報告会が開催されました。
今回は、県内の各自治体において、
今後の取り組みにいかしていただく目的で
県内各地の自治体ご担当者向けに開催されました。

当日は、話を聞くだけではなく、
グループでの意見交換・発表なども行われました。

<主な内容>
・しごと生活体験ツアー事業概要
・ツアー振り返りやアンケート結果
・運営会社からの気づき・まとめ
・ご参加の方々がグループにわかれ、
①これまでの話で参考になった内容
②他の自治体・NPO法人や参加企業・参加者等に聞いてみたいこと等
意見交換と発表。

その後、
・市・NPO団体とのトークセッション
おせっ会×館山市/いすみライフスタイル研究所×いすみ市)
が開催され、館山市産・おせっ会さんとご一緒させていただき、
市とNPO団体との連携の仕方や移住定住促進の
取り組みなどお話しさせていただきました。



(いすみ市水産商工観光課 移住・創業支援班 の尾形さんと)

移住定住促進のツアー等は、これから取り組まれる自治体の方も
いらっしゃる中、どう伝わるかなど気になりましたが、

後日ご担当の方が、当日のアンケート結果をご連絡くださり、
一番満足度が高かったのがトークセッションで、

「移住・定住についての考え方や連携方法など、
リアルなお話をしていただき
また、その掛け合いを見せていただくことで
自治体とNPO団体の関係性なども大変参考になったこと」

「移住施策はもとより、街作りという観点をもって
活動をしているという点に皆さん考えさせられるところが
あったという意見も多かった」などの
ご感想をご連絡くださいました。

今まで取り組んできたことがお役に立てよかったです。

いすみ市では、いち早く移住定住促進に官民連携し、
取り組んできましたがまだまだ、様々な問題があります。

いラ研も引き続き、様々な方々と連携し、
まちづくり活動に励んでまいります。

(かずえ)

ハロプロ・コンテンツでも「いすみ」増殖中 – いすみを舞台にした動画が続々アップ

2016年10月10(月・祝)に千葉県いすみ市 岬ふれあい会館にて行われた「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ IN いすみ」に関する動画が、ハロプロの「SATOYAMAチャンネル」に続々とアップされています。

「房総ジャンボリー」や「秋キャンプ in いすみ」でライブをやってくれたBitter & Sweet(ビタスイ)さんはじめ、ハロプロのタレントさんが、いすみに滞在して「田舎暮らし」を体験。
その模様が動画コンテンツとして、YouTubeで配信されています。

タレントさんが体験している姿を見て、改めて「いすみ」の魅力を、再発見させていただきました。

「SATOYAMA & SATOUMI movement」では、3月25、26日に今度は幕張メッセで、大掛かりなイベントを行うそうです。こちらも楽しみですね。

<プレイリスト>
遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ IN いすみ

◆岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験! Vol.1薪割り〜BBQ

◆岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!Vol.2 いすみの環境・生物を学習〜コウモリが住む洞窟を探検!

◆Vol.3 ヒラメ釣りに出航!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.4 いすみの干潟に散策!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.5 ビタスイ自炊生活〜牧場で乳絞り体験!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.6 林マヤ先生と一緒に農業体験〜大学芋作り!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆Vol.7 太巻き・花寿司作り!岡田万里奈(LoVendoЯ)・Bitter & Sweetがプチ移住初体験!

◆SATOYAMA & SATOUMI movement コラボカレー第5弾!⇒たこカレー

◆「遊ぶ。ふれあう。体験する。SATOYAMA & SATOUMI 秋キャンプ IN いすみ」開催!

なお、公式チャンネルではないのですが、ファンの方々が自発的にアップされているものもあるようです。

◇こちら、ファンの方が「秋キャンプ」の模様を動画でアップしてくれてました。
SATOYAMA&SATOUMI 秋キャンプINいすみ 現場レポ

◇161010 SATOYAMA 「写真で見るいすみ野生生物クイズバトル」 ℃-ute、カントリー・ガールズ、つばきファクトリー

◇ハロプロ研修生、つばきファクトリー 外ブースでの販売

◇モーニング娘。13期 横山玲奈 加賀楓 ハロプロ研修生 川村文乃 たこめしを売る。

アイドルやタレントが絡むと、ファンの方々が自発的に拡散してくださるので、プロモーション効果、高いようですね。

いすみと都市部の対流人口(関係人口)を増やしていきたい我々いラ研としては、コラボし甲斐のあるハロプロさんとのイベント「秋キャンプ」です。

(えざき)

武蔵野美術大学での「いすみ」の認知度、大幅アップ – 「MAU COLLECTION / DEN」アーカイブ展報告

2016年11月3日に「いすみ市発 房総ライフスタイルプロジェクト」の一環として大原漁港で行われたファッションショー「MAU COLLECTION / DEN」ですが、そのアーカイブ展が武蔵野美術大学の鷹の台キャンパスで、2016年12月14日(水)~16日(金)に行われたそうです。

アーカイブ展のフライヤー

私たちは展示を見に行くことができなかったのですが、展示会の記録を大学からお送りいただいたので、ご紹介します。

いすみや赤坂のデザインラウンジを舞台にした活動が多い「いすみ市発 房総ライフスタイルプロジェクト」ですが、先日ご紹介したデザイン情報学科の井口ゼミ展をはじめ、今回のアーカイブ展で「いすみ」の露出が武蔵野美術大学内でも広がっているようです。
プロジェクト前までは、いすみのことを知っている学生は、出身者くらいだったのが、今ではかなりの学生がいすみの名前を知るようになったそうです。

できるだけ沢山の人に「いすみ」の名前を憶えてもらって、関係人口(対流人口)を増やしていくという、本プロジェクトの目的の第一歩が確実に達成されつつあります。

また、ファッションショーを見た地元の学生さんから、武蔵野美術大学を受験したいと大学に直接問い合わせがあったそうで、それもうれしい話です。

——————————–
「MAU COLLECTION / DEN ARCHIVE」
日程 2016年12月14日(水)~2016年12月16日(金)
場所 鷹の台ホールB 展示室(課外センター展示室)

アーカイブ展の趣旨

6月のOCから始まった(企画・構想段階を含めれば4月から…)DENの3つのショーの記録を展示。
アートナイトといすみ市の公演は学外公演のため来られなかった方も多く、学内展示をすることでその映像や服が見ることができる。
ショー当日にはコンセプトなどを説明することがなかったためショー自体や服に込められた意味など、こちら側の作品で伝えきれなかったことを伝えられる良い機会になる。

展示を開催した成果として…
3日間(1日目→11:00-19:00、2日目→12:20-19:00、3日目→11:00-18:00)で約140人来場。(課外センターでの展示としては異例だと思います…笑)
来場者層としては、ショーに携わったスタッフ・モデル以外にも、僕らの活動に興味を示してくれた学生、武蔵美職員の他に通りすがりの方や普段から同会場の展示を見に来ているファイン系の学生も多く見られた。
また、今回の展示が自己満足で終わることのないよう、アンケートを実施。
・行けなかったので映像で見れてよかった、生で見れなくて悔しい。
・毎回ショーで会場に馴染むような世界観を演出できるのがすごい、不思議。
・会場の空間を演出しているのがよかった、内容的にも見応えがあって飽きなかった。
・来年もやってほしい、別会場でまたショーをやってほしい。
・空デは他学科にいい刺激を与えている。
など、アーカイブ展を行い同じ学生たちの素直な意見を聞くことができた。
また、今回のショーを見て空デに入りたいと希望している高校生もいるという、嬉しい成果をもたらした活動となった。
——————————–

(えざき)

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.