イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
+

SDGsロゴ

おもてなしロゴ

+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

イベント報告

10月23日(土)「オーガニック農園で野菜と生き物にふれよう」さつまいも堀りを行いました。

10月23日(土)「オーガニック農園で野菜と生き物にふれよう」
のイベントを開催し、
青空の下、みんなでさつまいも堀りを行いました。
11111111111111111111111111111111111111111
11111111111111111111111111111111111111111 
農園は、いつもお世話になっている
ゆめいろ農園さん
前日は大雨だったため、ゆめいろ農園さんが、
雨の中、さつまいものつるきりをし、つると葉をどかして、
マルチのビニールは土がどろどろにならないように
当日の朝にはがし、すぐにさつまいも堀りがでいるように
準備をしてくれました。
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
毎年、さつまいも堀りは、一大イベント。
緊急事態宣言があけ、お子さんから大人まで総勢50人以上の方が
ご参加くださいました。
大人も、ちいさなお子さんも、いもほりは夢中になりますね。
袋いっぱいにたくさん収穫できた様子でよかったですし、
子どもたちは、芋ほり以外にも、自由に走り回ったり、
ブルーシートにころがったり、とても楽しそうでした。
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
終了後は、畑でやさいのお買い物を
していただいておりますが、
今回は、特別に、
ゆめいろ農園さん主催のミニマルシェが
ご参加の方限定で開催となり、
あいこ農園さんにご協力いただき、
ゆめいろ農園さんのさつまいもをつかった
やきいも、おにぎりや和菓子、スイーツなども登場しました。
皆様ご参加ありがとうございました。
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
「オーガニック農園で野菜と生き物にふれよう」
食育イベントは地球環境基金の助成を受け、開催しております。
次回は、
11月27日(土)開催予定となります。
畑の様子は、変化していきますので
旬の野菜や成長中の野菜、またまわりにいる生き物など
観察してみましょう。
ご参加おまちしております。
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111
★お申込み・お問い合わせ
お申込みフォームをご利用ください。
イベント名・日時、人数等ご記入ください。
ご返信させていただきます。
主催:NPO法人いすみライフスタイル研究所
協力:
・ゆめいろ農園
・ちまちァーム
・野菜ソムリエコミュニティちば
NPO法人いすみライフスタイル研究所
〒299-4616  千葉県いすみ市岬町長者475
/Phone:0470-62-6730
/E-mail:isumi-style@bz03.plala.or.jp/

※このブログの記事は2021年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

                          ※いラ研は、環境保全活動と地域資源の循環促進など、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

(かずえ)

2021年10月3日、「SDGs・ESD理解促進公開セミナー」で地球環境基金助成事業の活動報告を行いました

2021年10月3日(日)、オンラインセミナー「SDGs・ESD理解促進公開セミナー」にて地球環境基金助成事業の活動報告を行いました。

この公開セミナーは、環境パートナーシップちばが主催されているもので、「SDGs・ESDをひろげるための“ちば”拠点づくり事業」の一環として実施されました。
同じ地球環境基金の助成を受けている仲間として、環境パートナーシップちばさんの活動は参考になりますし、刺激もたくさんいただいています。

今回は、南房総地域での環境保全と啓蒙活動のネットワークづくりの一環として行われたものです。

基調講演には、宮城県大崎市の大崎地域世界農業遺産推進協議会事務局長、高橋直樹 氏をお迎えし、「自治体の地域づくりを通したSDGs+ESD実践」と題し、世界農業遺産『大崎耕土』を活用した持続可能な地域農業による地域づくりについてお話をいただきました。

大崎市は第3回ICEBA農業国際会議が開かれた都市であり、第5回開催をしたいすみ市とは、地域農業による地域づくりという点で共通する課題を抱えており、高橋さんのお話はとても参考になりました。

そして、第2部で千葉県南部地域での活動事例紹介ということで、南房総市・館山市で活動をしている合同会社アルコの沖浩志 氏といすみ市で活動をしているいラ研の私が報告を行いました。

沖さんは、いラ研の獣害対策ワークショップにも何回か出席いただいており、同じ房総で同じ課題に取り組む同志のような感じです。

セミナー開始前に、講師とスタッフで事前打ち合わせをし、本番に臨みました。

私は、6年目に入る地球環境基金の助成事業のこれまでの活動報告とそれによるまちづくりについて説明をさせていただきました。

その後、参加者は7つのグループ(ブレイクアウトルーム)に分かれて意見交換を行いました。

環境パートナーシップちばさんの活動に参加するようになって、人的ネットワークが広がってきており、それがさらに強化されてきている手応えがあり、これからの展開が楽しみです。

(えざき)

※このブログの記事は2021年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動と地域資源の循環促進など、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

環境パートナーシップちばの「ボランティア体験交流会」に参加しました

9月25日(土)20時より開催された環境パートナーシップちばのオンライン「ボランティア体験交流会」に参加しました。

高校生・大学生を対象に7月11日から参加者募集がはじまっていた「地域づくりボランティア体験と交流会」ですが、実は当NPOも夷隅川リバークリーンでエントリーし、参加希望者も2名あったのですが、コロナの非常事態宣言中ということもあり、開催を見合わせました。

ただ、他の地域の中には密を避けて開催されたところもありましたので、そこの開催報告とミニ講演、ワークショップが行われました。
土曜日の夜20時からの開催だったのですが、ボランティアに参加してくれた高校生、大学生も参加してくれました。


ミニ講演会では、市原市のANESAKI ACADEMY代表、井前 省吾さんが、市原市での取り組みをベースに「タウンマネジメント」について、お話くださいました。
市原市は官民揃ってSDGsに積極的に取り組んでいることは聞いてましたが、市民サイドでも盛んになってきているようで、市原市の動きにも目が離せません。

(えざき)

※このブログの記事は2021年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動と地域資源の循環促進など、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.