イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
+

SDGsロゴ

おもてなしロゴ

+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

イベント報告

2022年6月29日、生物多様性と地域資源循環を学ぶためのゲーム制作勉強会を行いました

2022年6月29日(水)、生物多様性と地域資源循環を学ぶためのゲーム制作勉強会を今井修さんを招いて行いました。

今回は、地域資産の棚卸しも兼ねて、いすみ地域で過去に行われたエコツアーの振り返りを行いました。

中でも、いすみ夢鯨の会という団体が10年近く前に何回か行ったエコツアーは、いすみ地域で考えられるエコツアーを網羅していたもので、私も当時のこのエコツアーの企画・運営に参加しましたが、これらを超えるものを企画・実施することは、今となっては無理だと思われます。

このエコツアーの企画・運営・実施で中心的な役割を果たし、この勉強会のメンバーでもある房総野生生物研究所の手塚幸夫さんに、当時のことを話していただきました。

エコツアーの実施には、ガイドの役割が非常に重要で、彼らがガイドを続けられる環境、さらには、次世代を担う若いガイドが育つ環境を地域がいかに用意できるか、とても難しい課題だと思われます。

(えざき)

※この勉強会は2022年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

※このブログの記事は2022年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動と地域資源の循環促進など、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

2022年6月25日、「オーガニック農園で野菜と生き物にふれよう」イベントを行いました

2022年6月25日(土)、「オーガニック農園で野菜と生き物にふれよう」イベントを行いました。
今回は、ちまちファームで学校給食用のじゃがいも掘り、その後、ゆめいろ農園でにんじん掘りを行いました。

芋掘りは、子供たちも大好き。
子供たちも、どんどん、どんどん取って行きます。

取ったじゃがいもは、大きさによって、給食用のものと、給食に出せないものに分けておきます。

予想していたよりも、ずっと早く作業が終わりました。

ゆめいろ農園さんでのにんじん掘りも、あっという間に終わりました。

最後に、子供たちは、虫取り網を持ち出して、走り回りながら、畑の周辺にいる虫を取っていました。

今日は、30人の参加がありました。
また、この日は、千葉大から地域体験のためと学生が1名参加してくれました。

皆さま、お疲れ様でした。

次回開催は、7月23日(土)の予定です。

(えざき)

※このイベントは2022年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

※このブログの記事は2022年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動と地域資源の循環促進など、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

2022年6月11日、リバークリーン実施しました

2022年6月11日(土)、今年度最初のリバークリーンを実施しました。

5月は天候不順と川の増水のために中止となり、残念でした。
この日も快晴とまではいかない天気でしたが、それでも、13人の参加者があり、楽しく行うことができました。

今回もはじめての方々の参加も、常連組と混ざって行うことで、ゴミ拾いのコツをつかむのも早く、目標になるゴミを見つけては、どんどん取っていきました。

今回は、26㎏のゴミを回収しました。
皆さま、お疲れ様でした。

次回開催は、7月9日(土)の予定です。

(えざき)

※このイベントは2022年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

※このブログの記事は2022年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動と地域資源の循環促進など、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.