イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
+

SDGsロゴ

おもてなしロゴ

+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

メディア掲載

「ふるさとプロボノin里山漁村プロジェクト」の成果物、「いすみオーガニック?何それ?」パンフレット公開します。レポートも最終回公開されました。

農林水産省「人材交流・ビジネス支援対策」事業の一環として、認定NPO法人サービスグラントさんが実施されている「ふるさとプロボノ in 農村漁村」に、いラ研もお世話になりました。

課題として相談させていただいたのは、いラ研がこの数年間、地球環境基金の助成を受けて行ってきた事業と密接に関係してきたいすみ市での大きな流れのひとつを紹介するパンフレットを作成することでした。

この流れとは、いすみ市が策定した生物多様性戦略を実現するために組織された「自然と共生する里づくり連絡協議会」の延長線上にある、いすみ市でのオーガニック農産物の生産と消費の循環を作る活動のことを言います。

市内のオーガニックに関わる取り組みは多岐にわたり、行政、NPO の他に農業の生産者や市民活動をしている方々も多数参加しています。それぞれが魅力的な活動をしていますが、それらを紹介していく場が、まだまだ少ない。

学校給食の有機野菜、有機米化について問合せが増えるなど、地域外からの関心は高まっている一方、オーガニック化への取り組みを知らない市民も多く、地域内の周知と巻き込みを進めたいと考えています。
そこで、「いすみオーガニック」という名の活動として総称し、その活動を紹介するパンフレットを作成することで、市民を中心に、行政、NPO、農業生産者、学校なども参加し、地域ぐるみでこの活動が進められていることを市内外にアピールし、市のシティプロモーション、移住定住促進にも繋げていきたいと考えました。

また、地域内外にこれらの活動に取り組む人々をパンフレットで紹介し、知ってもらうことは、その人たちのモチベーションアップにもつながると考えました。

2020年10月からスタートしたパンフレットづくりのプロジェクト、6人の都市生活者方々が、プロボノメンバーとして、ご自身の仕事を持ちながら空いた時間を活用して、ボランティアで参加してくださいました。
空いた時間と言っても皆さん、20代~40代の働き盛りの方々ばかりですので、もちろん、普通に働いていても多忙な方々であるにも関わらず、仕事から帰宅した夜ばかりでなく、休日の時間を割いてこのパンフレットづくりを行っていただきました。

「いすみオーガニック」と一言で言っても、明確な推進母体や目標があるわけでもなく、パンフレットとしてまとめるのも簡単ではなかったと思います。

プロボノメンバーの皆さんの大奮闘の模様は、以下のドキュメンタリー・レポートからご覧いただけます。
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-1/
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-2/
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-3/
https://furusato-probono.jp/reports/isumistyle-report-4/
メンバーの皆さん、本当にありがとうございました。

プロボノメンバーに作っていただいた「いすみオーガニック」のパンフレット、以下からダウンロードできます。

>>「いすみオーガニック」のパンフレットをダウンロードする

(えざき)

ちば環境再生県民の会広報第41号で生物多様性テキストをご紹介いただきました

ちば環境再生県民の会が発行されている広報第41号で、地球環境基金の助成を受けて作成した生物多様性テキスト「いすみの田んぼと里山と生物多様性」について、取り上げていただきました。

この広報誌で、「地域の『共有知』とすべく、いすみ生物多様性テキストを作りました~SDGs を見据え「プログレッシブ・ローカル」なまちづくりへ~」と題して、寄稿文を書かせていただきました。

この広報誌のpdfダウンロードはこちらから。

この広報に掲載していただいたことで、テキストのダウンロードの数が一段と増えました。

千葉県の環境保護に関わる多くの方の目に留まることになり、とも光栄です。

(えざき)

※このブログの記事は2020年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

テキスト「いすみの田んぼと里山と生物多様性」がいすみ市のホームページで紹介されました

いラ研が発行したテキスト「いすみの田んぼと里山と生物多様性」を、いすみ市のホームページで紹介していただきました。

このテキストを作成するベースになったのは、「いすみ生物多様性戦略」とそれに基づき組織された「自然と共生する里づくり連絡協議会」の活動に一環で行われた、「教育ファーム」や「第5回生物の多様性を育む農業国際会議(ICEBA)2018inいすみ」でした。

連絡協議会で行われている活動の中には、まちづくりにとても大切な知識・知見が含まれていると思い、大人子供に関係なく地域で共有していくことを目的に、地球環境基金の助成をいただき、このテキストづくりを行いました。
テキストづくりには、いすみ市農林課、房総野生生物研究所、夷隅小、東小、長者小にもご協力いただきました。

おかげ様で、このようなかたちで市でも共有していただくことになりました。

子供たちに向けては、このテキストづくりをきっかけに、夷隅小から今年度は東小、中根小、長者小へと「教育ファーム」の広がりを見せはじめるようになり、地域で活用していただく機会が増え、とてもうれしく思います。

(えざき)

この「いすみの田んぼと里山と生物多様性」テキストは、2019年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※このブログの記事は2020年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.