イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研ブログ-
2019年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
+

SDGsロゴ

おもてなしロゴ

+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研ブログ-

2019年11月

11月24日、米フェスにて「ライス de 座談会」行います

今週末、11月24日(日)に大多喜ハーブガーデンにて行われる「ライスデー房総 4杯目」で「ライス de 座談会」を行います。

この房総地域における米作りの現状と課題、体験と取り組み、環境問題などを実践者(パネラー)の方々を交えてみんなで考え語りあう場を設けます。

日時:2019年11月24日 13:00~14:30
場所:大多喜ハーブガーデン
参加費:無料
概要:房総半島やいすみ市での米作りの現状・課題、自らの体験と取り組み、生物多様性など環境問題とのかかわりなどについて、意見発表と意見交換をする場を設けます。来場者には、意欲的に米作りに取り組む生産者の価値観や意識、取り組みを共有していただくことを目的として開催します。

パネラー:猪野尾信(山武市・アグリ金穂咲)、鮫田晋(いすみ市・農林課)、関谷啓太郎(いすみ市・結農園)ほかライスデー房総実行委員会司会:手塚幸夫(房総野生生物研究所)

タイムテーブル(予定):
13:00:開始、パネラーによる自己紹介
13:15:米作りの今とオーガニック米づくりについて
13:50:ディスカッションと会場とのやりとりなど
14:30:閉会

主催:NPO法人いすみライフスタイル研究所
協力:房総野生生物研究所

(えざき)

※このイベントは2019年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施します。

※このブログの記事は2019年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

11月9日「オーガニック農園で野菜と生き物にふれよう」さつまいも堀りなど開催しました。

いラ研では、Soul & Soil農園、
野菜ソムリエコミュニティちばの協力を得て、

オーガニック野菜を作る畑で、季節の野菜にふれ、
野菜の成長過程や畑にいる昆虫や野の花などを観察する
イベント
を行っています。

今月は、11月9日(土)は、ゆめいろ農園さんにも
ご協力を得てさつまいも堀り体験!ということで、
小さなお子様たちがたくさん参加してくれました~

ゆめいろ農園さんやお手伝いの方々のサポートもあり
子どもたちは、さつまいも堀りに奮闘。

さつまいもがとうやってできているか?
どんな形や大きさのいもが現れるか
掘る大変さななどなど、
どろどろになりながらも、とっても楽しそうでした~

生き物大好きな男の子は、昆虫図鑑を片手に
到着そうそう、バッタ発見!どのバッタか早速調べて、教えてくれました。
生き物博士になりたいそうで、楽しみです~

近くに成長中の野菜を観察して、芋ほり&観察会は終了。
畑や自然の中で遊び、学び、気づきの体験をより多く
作ってきたいと思います。

終了後、今回は地元のみなさんが
特別開催してくださった芋煮会会場へ

地元のお母さんたちが、前日の下準備からして
総勢70名以上のご飯を準備してくれました。

座る場所などは、おとうさんたちが、準備。
自宅から持ち寄りで、特設会場もでき、

移住されたご家族のみなさん 小さなお子さんたちやママさんと
地元のお母さん・お父さんが一緒にたのしめる機会となりました。

 

★次回開催予定日は、
12月14日(土)・1月25日(土)・2月29日(土)
時間:10:00~12:00
ぜひ、ご参加ください。

主催:NPO法人いすみライフスタイル研究所
協力:Soul & Soil農園、ゆめいろ農園、
野菜ソムリエコミュニティちば

★お申込み・お問い合わせ:NPO法人いすみライフスタイル研究所
〒299-4616  千葉県いすみ市岬町長者475
/Phone:0470-62-6730/URL:http://www.isumi-style.com

※オーガニック農園でのイベントは
2019年度地球環境基金助成金の助成を受けて実施しました。

(かずえ)

 

11月16日(土)第2回SDGs公開セミナー、「持続可能な社会を目指し、SDGsへの取り組みを活かす」開催。参加者募集中です。

11月16日(土)に13:30から千葉市生涯学習センター小ホールで、特非)環境パートナーシップちばさん主催の第2回SDGs公開セミナー、「持続可能な社会を目指し、SDGsへの取り組みを活かす~SDGsを自分ごとに~」が行われます。

このセミナーは、SDGsのアジェンダを知り、持続可能な社会を目指し活動している各主体の実例を通して、参加者が今後の活動を展開するために、SDGsの視点を活用するヒントを見つけることを目的として開催されます。

いラ研では、2016年度から地球環境基金の助成を受け、環境保全と啓蒙活動を行ってきているのですが、「SDGs」を接点として、それらの環境活動がこれまで行ってきたまちづくり活動と無理なくつながって来ている感触を得ています。

事例発表自体は15分と短いのですが、その後の意見交換のところで登壇者の方々と有意義な話し合いができることを楽しみにしています。

また、事例紹介でご一緒するソーケンさんとは、以前、いすみ鉄道のイベント豊島区の社会貢献活動見本市&交流会への出展、房総[ほろ酔い]ジャンボリーTokyo vol1-vol2-vol3開催のサポートをしていただくというご縁もあり、再びご一緒できるのを楽しみにしております。

この日は、午前中には「いすみ川リバークリーン」の開催も予定しています。いすみ周辺地域の皆さんは、こちらの方にもご参加いただけますと幸いです。

セミナーの概要は以下の通りです。
参加費は無料ですが、申込締切日が11月13日(水)です。お早目にお申し込みください。

第2回SDGs公開セミナー、「持続可能な社会を目指し、SDGsへの取り組みを活かす~SDGsを自分ごとに~」

■開催日時:2019年11月16日(土)13:30~16:00
■会  場:千葉市生涯学習センター 小ホール
■主  催:特定非営利活動法人 環境パートナーシップちば
■参加募集:80名
■参加申込:メール申込※1  申込締切日:11月6日(水)
■参加対象:SDGsに取り組んでいる(取り組もうとしている)自治体職員・企業・学校教員・大学生・市民団体

■プログラム
13:30 開会挨拶:セミナーの趣旨説明
13:40 基調講演:我々の世界を変革する: 持続可能な開発のための 2030 アジェンダについて
石井 雅章氏 神田外語大学言語メディア教育センター長・准教授
14:10 SDGsを自分事に取り組む事例紹介 (各15分発表)
・鎌倉市 SDGs未来都市計画について  鎌倉市役所 比留間 彰氏
・間伐材の有効活用など企業の取り組みと地域の関り (株)ソーケン製作所 齋藤 弘喜氏
・「市民が愛着と誇りを持って住み続けられるいすみ市に!」移住者と地元民との活動 NPO法人いすみライフスタイル研究所 江崎 亮氏
・SDGs達成のためのESD人材育成事業 NPO環パちば   桑波田 和子
15:10 休憩
15:20 質疑・意見交換
コーディネーター 石井 雅章氏
神田外語大学言語メディア教育センター長・准教授
16:00 閉会

■お問い合わせ 及び セミナー申込先
「SDGs達成のためのESD担い手育成事業」事務局 (NPO環パちば)
e-mail: info@kanpachiba.com ※1
電話:090-8116-4633
https://kanpachiba.com/
※独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催

(えざき)

※このブログの記事は2019年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

※いラ研は、環境保全活動をはじめ、SDGsを視野に入れたまちづくりに取り組んでいます。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.