イベント案内癒し・パワスポめぐり自分生活@いすみスタッフオススメ  得  情報
いすみつけむすびISUMIX Lifeいすみ暮らしお役立ち情報
いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
+
+
+
+
いすみライフマーケットinちまち
菜の花ラインもりあげ隊
まきべ~のおでかけ日記
いすみライフマーケット
NPO法人 いすみライフスタイル研究所
rssfeed RSS 2.0
rssfeed RSS 1.0
rssfeed atom



いなかからのお便り -いラ研スタッフブログ-

【いラ研ゆく年くる年2016】11月24日峰谷集落で「イノシシによる農作物被害のない地域を作る」保全活動勉強会第2回を行いました

10月25日(火)に行いました地球環境基金事業「いすみ地域における森里川海の一体型環境保全活動による里海の維持」の保全活動勉強会「イノシシによる農作物被害のない地域を作る」の2回目を、11月24日(木)9時半から行いました。

今回も、房総野生生物研究所の手塚幸夫さんに、いろいろとお骨折りいただきました。

前回は、仲谷淳さん(中央農業総合研究センター)のお話しが中心だったのですが、今回は集落の方々も積極的にも参加していただき、また、千葉県の有害鳥獣対策担当の方や集落以外の方々にも参加していただき、少し趣も異なりました。

まず、「みねやの里」の皆さんから、イノシシ対策をどうしたいのかご意見をいただきました。
続いて、市の農林課の池田さんから、市や県で有害鳥獣対策のために用意できる助成金・補助金の説明がありました。
それらをうけて、仲谷先生の方から、具体的な進め方、注意点などのコメントがありました。

これから、新田野集落と同様、具体的に集落の地図(図面)にイノシシの被害の状況をマッピングして、どのように対策を行っていくのかの具体的な検討に入り、保全活動を開始する予定です。

また、千葉県では、今回のこの集落単位での有害鳥獣対策の取り組みを評価され、来年度に県内他地域への展開を推進することを検討されているそうです。
さらに、隣町の一宮町や御宿町でも、仲谷先生をお呼びしてイノシシ対策に乗り出すそうで、私たちの活動が、周囲に評価されていることを、うれしく思います。

(えざき)

※このブログの記事は平成28年度地球環境基金助成金の助成を受けて作成しました。

Copyright (C) NPOいすみライフスタイル研究所 all rights reserved.